スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する  ▲ Pagetop

おとしもの [出来事]

2011.02.23 Wed 14:23

こんな出来事が、人を優しくする、というお話。


コンクリートバー
はご存知の通り、
夜の21:00から08:00まで営業をしております。
その日のノリに酔ってはお昼過ぎまでお店をひっそり開けてたり。
そんな毎日のルーティーンで過ごす毎日の中、
ワタシのココロのフィルターに『カス』が溜まる事もあります。

丁寧なココロ
それは感謝のココロ。
そしてお陰様のココロ。
それは相手を信じる気持ちを信じるということ。
それは自分を信じる気持ちを信じるということ。

最近はそれが出来ていなかったのかも知れません。
ずっと悩んでいました。
そんなある日の出来事。



お店の終わった時間に
携帯がない事を気付きました。
しかも、どこで落としたかは見当もつかない状態でした。
恥ずかしい事に無くしてしまったときに初めて『気付いた』んです。

その日一緒に入っていた「N∀OKI」くんが、
「ダメ元でもいいからかけてみるわ!誰かが届けてくれているかもしれんしな!」何回も連絡をかけてくれました。
すると、電話が繋がったのです。
その相手は五条警察署でした。


「おとしもの、届いていますよ。。。」
「えっ、、、マジで!!!?」


この時は恥ずかしながら、
「この街でも凄い事もあるもんだな。。。あ~助かった!!」
程度にしか思っていなく、
僕も困っている忘れ物があったら届けよう!なんて思いませんでした。

『自分の事しか考えない』

それ位、僕のココロは信じる力が弱っていました。
僕は一体何を目的に活きていたのでしょうか?



そして数日が経って、
TAKUMAくんが店にやって来ました。
僕が高校生の時からお世話になっている先輩です。
昔の話、今の気持ち、ココロが動いた時、
逃げたくなった事、それでも進もうと思う気持ち。
いろんな事を全裸で『話』しました。
それだけでとっても救われたんです。
(ホンマに全裸になってましたが。笑)


しかしその帰り道でした。
僕の携帯を見て、びっくりするんです!


「その携帯は俺が道に落ちていたのをとどけたやつやんか!!」
「そうか。ミノルのやったんか!よかったなぁ。。。」
「ホンマあの時届けてよかったわ。」


ココロのフィルターの『カス』が何処かに無くなる瞬間でした。
その時僕のココロの奥底の目指すべき姿勢に気付いたんです。
それはとてもとても大切なメッセージ。



ひとにやさしく



丁寧なココロ
それは感謝のココロ。
そしてお陰様のココロ。
それは相手を信じる気持ちを信じるということ。
それは自分を信じる気持ちを信じるということ。


TAKUMAくん。
アイをありがとうございます。
スポンサーサイト

拍手する Trackback[0] Comment[2] ▲ Pagetop

COMMENT

[ともか]

ひとに優しく...いい話聞けた、私も、心がける。

2011.02.24 Thu 00:35 *Edit ▲ Pagetop

そんなあなたに [センガ]

この曲を捧げます。

THE BLUE HEARTS 「人にやさしく」


また時間が出来たら遊びに来ます。

2011.02.24 Thu 03:00 *Edit ▲ Pagetop

COMMENT FORM

 

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://kotetukunn.blog58.fc2.com/tb.php/91-9c301ed4

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。