スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する  ▲ Pagetop

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 2 [アニメ]

2009.06.29 Mon 03:15

a169131e.jpg200902200010000view.jpg

ストーリーの破戒っぷりもどんでんがえしも全て大満足の出来です。
全てが予想以上の完成度で、映画館で是非味わってほしい作品です。というのは、エヴァの戦闘の迫力とスピード感は映画館で何倍も素晴らしくなると思われるからです。
そして庵野秀明監督はやはり永井豪先生が大好きな様です。
まるでバイオレンスジャックとスラムキングの様な

式波・アスカ・ラングレー
真希波・マリ・イラストリアス

戦闘中のキレっぷりが...
た、たまらん!!!


とりあえず、明日二回目行ってきます。
ハイネケンハイネケンエキストラコールド は普通でした。
スポンサーサイト

拍手する Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [アニメ]

2009.06.26 Fri 16:18

bnr_eva_a01_01.jpg

新キャラ・新エヴァなどの斬新な要素だけではなく、未知の展開に対応したデジタル時代のエヴァ映像も「破」の大きなみどころである。第1部「序」前半では過去の作品をベースに大胆なCG映像を加えてリビルドし、さらにクライマックスとなる「ヤシマ作戦」では過去と根底から異なる新作映像を提示して、大きな反響を得た。この成果をふまえて、第2部「破」では実証済みの「エヴァ独特のデジタル映像使用法」をより発展させるべく、大きく方針を変更。原画など既存素材の流用にこだわらず、完全新作をベースに制作が進められている。大量に描き起こされたデザインと設定。洗練されたCG技術も増量され、新たなイメージを具現化している。エヴァはビジュアル面でもさらに進化し、次の段階へ向かっている。物語・映像の両面から、「序」で再構築されたはずのあらゆる事象は土台を失っていったん倒壊し、新劇場版は混沌の中から《未来》に向けて刷新されていく。それはまさにエヴァだけが可能とする行先不明の《ライブ感覚》。いま、大転換のための幕があがる。
押し寄せる戦慄の感覚。それはまさに「破」なのである!


明日から公開!!
いや~存分に「破壊」しちゃって下さい☆

呑みながら一緒に語れる方、望ム!

<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破>
http://www.evangelion.co.jp/

拍手する Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。